就労継続支援A型事業所とは

就労継続支援A型の事業概要

通常の企業や事業所で働くことが困難な方で、雇用契約に基づく就労が可能である方に対して、雇用契約を結んで働く機会を提供します。また就労に必要な知識や能力の向上のために必要な訓練などの支援を行います。
A型は雇用契約を結ぶので、各自治体で定められた最低賃金が保障されています。

就労継続支援A型の事業概要

対象となる方

  1. 就労移行支援事業を利用したが、企業などの雇用に結びつかなかった方
  2. 特別支援学校を卒業して就職活動を行ったが、企業などの雇用に結びつかなかった方
  3. 企業などで働いたことがあるが、現在就労していない方

就労継続支援B型との違い

就労継続支援A型は「雇用型」、B型は「非雇用型」と言われることもあるように、A型事業とB型事業の最も大きな違いは雇用契約の有無にあります。
また、A型は年齢制限がありますが、B型は年齢制限がありませんので、高齢で体力的に就労が困難になった方などにも利用されます。
まとめると、B型の対象となる方は、一般企業等で就労することが困難な方で、雇用契約に基づく継続的な就労が困難な方ということになります。

雇用契約の有無

就労継続支援B型との違い

A型…事業者と雇用契約を結び給料をもらいながら利用する。

B型…雇用契約を結ばず、通所して生産活動を行い工賃をもらいながら利用する。

賃金(工賃)

A型…最低賃金が保証される。

B型…事業所によって異なる。(一般的にA型よりも賃金が低くなる)

年齢制限

A型…65歳未満の方が対象。

B型…年齢制限なし。

ご利用をお考えの方へ

ひとりひとりの適正に応じたお仕事を

働く意欲はあるけれど、障がいのために雇ってもらえないのではないか、仕事に就いたとしてもちゃんと働けるのだろうかなど不安を感じていらっしゃることと思います。 当事業所では、一般の企業で働くことに不安を感じたり、困難である障がいをお持ちの方に、その方に合ったお仕事の場を提供し、自立することを目指していきます。
具体的にはまず個人面談や体験実習を行い、能力や適性を見極めたうえで適正なお仕事に就いていただきます。
また、ご希望があればご家族の方にもご理解と信頼につながるような丁寧な説明をさせていただきます。

ひとりひとりの適正に応じたお仕事を

安心の支援体制

提携企業様へ出向いての作業(施設外就労)では、職員が同行し、仕事の進め方や作業の指導、職場の環境についてを一緒に考えていきます。また、就職後も安心して働けるように定期的な訪問などを行い、継続して支援していく体制をとっています。

働くことでやりがいや仕事をする楽しさを感じ、感謝の気持ちをやしないます。 社会とのつながりをもち、自分らしく豊かな生活を送ってみませんか。

就労継続支援A型の事業概要
メールでのお問い合わせ
ページトップへ